ホームヘルパー2級

介護職員初級者研修に生まれ変わってもスムーズに学びたいホームヘルパー2級講座

介護施設やデイサービスセンター、訪問介護等の仕事をするうえで、欠かせないホームヘルパー2級の資格は、資格の統一化と研修内容の充実化を図るため、介護職員初任者という資格に生まれ変わりました。

 

 

従来のホームヘルパー2級講座も、介護職員初任者研修に移行されたわけですが、これまでと異なり、450時間もの実践的な研修を行わなければなりません。

 

 

時間が労力がかかるようになったものの、これまでは認められなかった淡吸引などの医療行為ができる技術が身に付き、現場で行うことが認められるようになります。

 

 

これまでは、目の前で苦しむ高齢者がいても、手出しができなかったのができるようになるのですから、研修が大変な分、現場ではとても役立てることができます。

 

 

もっとも、この450時間の研修をいかにこなすかは、人それぞれの置かれている立場や目指すところによって違ってくるはずです。

 

 

たとえば、主婦などある程度、昼間の時間にゆとりがある方が、今後のために、なるべく短期間で資格を得たいというケースもあるでしょう。

 

希望に合ったスクールが見つかる!

一方で、既に介護施設で働いている方や、別の職業からの転職を考えており、仕事をしながら研修を受けたい人もいるはずです。

 

 

こうした方は、夜間や土日で学べるところや、場所にとらわれず、勉強する環境を持てないか、といったニーズが出てきます。

 

 

研修を行っている認定教育機関に指定されたスクールの形態も様々であり、研修コースの方法やスケジュールも様々です。

 

 

また、通学制を希望するなら、通いやすいエリアにあるスクールを探しださなければなりません。

 

 

たくさんのスクールの中から、自分に合ったスクールを選ぶにはどうすればいいかといえば、そうしたスクールの一覧がチェックでき、しかも資料請求までできるシカトルが便利です。

 

 

シカトルでは、希望エリアや通学制、通信講座などの希望条件を指定して、全国各地にあるスクールから希望に合ったスクールを検索することが可能です。

 

 

検索したスクールの情報も確認ができ、どのような研修スタイルを取っているのかや、研修にかかる期間などを調べられます。

 

 

そのうえで、気にいったスクールがあれば資料請求ができ、1つに限らず、気になる複数のスクールの資料を、たった一度の連絡先入力で簡単に取り寄せることができるのです。

 

 

入力にかかる時間はわずか1分程度です。

 

 

個別にスクールを探して、1つ1つ資料請求するより、断然楽で手間も時間も省けます。

 

ホームヘルパー2級講座を受講する

ホームヘルパー2級は2013年に名称が訪問介護員2級養成研修に変わっていますが、仕事の内容には変更がありません。

 

 

ホームヘルパー2級の仕事とはケアマネージャーさんが作ったメニューにしたがって作業訪問などをして、身体介護や家事援助をします。

 

 

訪問介護員2級養成研修のための勉強を学校などでして資格試験を合格したものに与えらえる資格なのです。

 

 

今の日本は、他の国に例を見ないほどの高齢化社会になっています。

 

 

そのために介護分野における人材不足は社会問題になるほど深刻なものです。

 

 

一般的に内定率が上がったといえ、就職内定率は依然としていわれるほど高いものではないのですが介護分野は人手不足になっているのです。

 

 

それは、介護が必要としている人に比べて介護の資格を持っている人が少ないということが一番です。

 

 

つまりホームヘルパーの資格をもっていれば、就職率は100%に近いということになるのでもっていて損はないという資格なのです。

 

 

そんなホームヘルパー2級講座ですが、シカトルで勉強することができます。

 

 

こちらはカリキュラムがとてもいいということと、受講費用が比較的にお手頃ということ、就職まできめ細かく対応してくれるということで評判がいいです。

 

 

まずは、資料をとりよせることから始めるといいでしょう。

 

介護士の仕事は感謝される仕事だからやりがいがあります。

ホームヘルパーさんについては、実は我が家もお願いしたことがあります。

 

 

父が要介護になったときに、ホームヘルパーさんをお願いしたのですが、本当にその働きぶりには感銘しました。

 

 

排泄物の処理などは、家族であっても大変な仕事です。

 

 

体を動かすのも大変ですし、ついつらくあたりそうになることもあるのに、ヘルパーさんはとてもテキパキとした仕事をされます。

 

 

嫌な顔一つ見せないどころか、とても笑顔がやさしくて患者だけでなく家族もとても癒されることができました。

 

 

やはり、プロの仕事は素晴らしいものなのだと思ったことがあります。

 

 

私の母も高齢で、いつどうなるかわかりませんが、そのときはまたホームヘルパーさんに頼もうと思っています。

 

 

家族が介護をするのは限界がありますから、そういうときはヘルパーさんとともに介護にあたるのは当然のことと思います。

 

 

いま、日本では老老介護などということばもあるくらい、介護で苦労されているご家族がいますが、そういう方は、ヘルパーさんをお願いして、頼るのも必要だと思います。

 

 

そういうときは、各地域の市役所に手続きにいってすみやかに申請してほしいです。

 

>>ホームヘルパー2級講座の詳細はコチラ<<